ベビービョルンについて

ベビービョルンは、1961 年にビョルン・ヤコブソンにより設立されたスウェーデンに拠点を置く家族経営の企業です。 ビジネスコンセプトは、今も昔も変わらず、 「3 歳までの子供たち向けの優れた品質の安全で革新的な製品を開発することにより、小さな子供たちを持つ両親の日々の生活を楽にすること」です。

ベビービョルンでは、世界中の子供たちがいる家庭の日々の生活を楽にすると同時に、人生の最も重要な最初の数年をより楽しいものにするために努めています。 好奇心を忘れず、新しいチャンスを常に探し続け、独自の安全・品質哲学に基づき業務を行っています。

ベビービョルンの製品は世界中 (50 カ国以上) で販売されており、

 ベビーキャリアバウンサートラベルクリブクレードルイス型オマルハイチェアおよび食器製品を取り扱っています。

ベビービョルンでは、お子様が小さいときは多数の製品を購入する必要がないようにすべきであり、本当に役立ち、長く使える丈夫な製品をいくつかだけ揃えるべきであると考えます 

安全、品質、デザインは、ベビービョルンのブランドのコアであり、製品はよく考え抜かれ、細部まで細かい注意を持って作り出されています。   

ベビービョルンでの製品開発についてもっと読む

ベビービョルンの創設者、1965 年、ビョルン・ヤコブソン、妻リレモアと 4 人の子供のうちの 2 人。現在のビョルンとリレモア・ヤコブソン。

ベビービョルンの創設者、1965 年、ビョルン・ヤコブソン、妻リリモアと 4 人の子供のうちの 2 人。ビョルンとリリモアは、CEO およびデザイン部門の責任者として現在も経営に関わっています。

現在のビョルンとリリモア・ヤコブソン。

ベビービョルンの歴史 – バウンサーからすべては始まりました

ベビーシッターをすることで、若い学生の運命が予期せぬ方向に変わることがあります。 ビョルン・ヤコブソンにとって、それは生涯の仕事となる「BabyBjörn AB」のはじまりでした。

ベビービョルンの歴史についてもっと読む